民事信託サポート

こちらでは、民事信託サポートについてご紹介いたします。

 

信託は長期にわたって効力が続くため、最良の仕組みを考える必要があります。

また、課税の問題も生じるため、専門家のアドバイスが不可欠となります。

当事務所では、各種専門家と連携して完全オーダーメイドの民事信託を設計しております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

初回相談無料です。

民事信託とは

信託とは、「信じて託す」財産管理承継制度です。

では、家族信託とは、自己の財産を生存中や死亡後に管理・承継(引き継ぐ)を図ろうとする私的信託です。

主として、高齢者や障害をもつ人の生活等の支援の為に活用する制度です。

成年後見制度との違い

成年後見制度も家族信託も親亡き後の問題配偶者が認知症の方のために有益な制度でありますが、

成年後見制度は、本人の財産を後見人の判断で家族のために活用するのとができません。

一方、民事信託は信託の目的の範囲であれば、自由に財産を運用し家族のために活用することができます

また、信託は、相続や遺言、贈与契約などによらずに、遺産を含む財産を承継(家産承継)できるのです。

信託の種類

・契約

・遺言

・自己信託

何れにしましても公正証書にすることをお勧めします。

その他のサービス

遺言書作成サポート
 
相続手続サポート
 
成年後見サポート
         
   

→ 詳しくはこちらへ

 

→ 詳しくはこちらへ

 

→ 詳しくはこちらへ

お気軽にご相談ください
0463-34-3241

受付時間 : 10:00〜17:00

(土日祝日除く)

 お問合せフォームはこちらへ
▲このページのトップに戻る